合掌の家

IMG_3113

飛騨高山のオークヴィレッジさんが阪急梅田店で展示会をされてたので出かけてきました。

目的は仮設住宅のモデルとして提案されている「合掌の家」

実物大の展示があるということでその空間を体感したかったのです。

美しいA型フレームは内側に入ると包まれる感じがとても心地良かったです。

仮設でも(いえ、だからこそ)「住まい」に心地よさは必要条件です。

この「仮設住宅」は合掌部分を引き上げ2階建てにし「復興住宅」とすることができます。

制約のある中で美しいもの、永く使えるものを提案するということ。

とても勉強になりました。