木のマンションリフォーム【五番町の家】 いらっしゃい

DSCN7381

玄関の改修は当初予定していませんでした。

でもここは家の中でとても大事な場所。

「いってきます」「いってらっしゃい」

「ただいま」「おかえり」

「こんにちは。お邪魔します」

始まりと終わりの場所は気持ちよくありたい。

五番町の家の玄関は改修前半畳ほどの玄関土間に靴が溢れていて

窓もないのでなんだかとても暗く、気になりました。

お話を聞くとやはり住まい手さんも玄関には不満がいっぱい。

でも改善できるとは思ってなく諦めていたようです。

廊下の一部を玄関土間に拡げ、上がり框をL型に回す。

それだけで「いらっしゃい」という空気が生まれます。

上がり框は石川県の沢田欣也さんにお願いし漆を塗ったタモ材。

年配のご夫婦のお宅に相応しい落ち着いた色味に仕上がりました。